家事のカイゼンとは、その意義とは



カイゼンとは、トヨタで行われている作業効率化・生産性向上活動のことである。大野耐一市氏(元・トヨタ自動車工業副社長)が大きく発展させた。このカイゼンによって、トヨタは最も利益を上げる企業になった。
 他方家事のカイゼンとは、家庭内で行われる諸活動(洗濯、掃除、料理など)の効率化・生産性向上を目指す活動である。
 そして、その目的は、必要最小限のコスト(時間・費用・労力)で家事を行うことによって、今まで家事に振り向けられていたリソース(時間、労力、資金)を他の事に振り向けて、家庭の生活を向上させていくことである。決して単なる節約にとどまらない、家庭生活全般に及ぶ壮大なる営みである。
 カイゼンは大きく二つに分かれる。
第一は、テイラーやフェイヨルに始まる作業分析。第二は、財務省を中心とする徹底的な考察。
 前者は一定の方法論が確率されている。他方、後者は具体的事例を挙げて説明する方がわかりやすい。
そこで、各ページでは作業分析について説明しつつ、徹底的な思考の一端を紹介する

(次へ)タイムマネジメントの意義


家事カイゼン計画トップページへ戻る

家事のカイゼンとは、その意義とは
タイム・マネジメント
  • 動線を見直す意義
  • 図面を引く、物を配置する
  • 動きを記す
  • 動きを最小限にする
  •  モノの使い方を変える
    モノを買う
    家事への設備投資

    カイゼンの成果をいかに生かすか 最後に 働く者こそ、家事のカイゼンを
    【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
    業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
    ★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース