モノを買うことは企業に対する消費者の敗北である。



 「お客さんには、ムダ使いをしてほしい」
 某電子マネー運営会社幹部の言葉である。
企業は自らの利益のため、消費者に対して必要以上のモノを買わせようしている(携帯電話のサービスやリフォームがその好例だろう)広告によってわざわざ欲求をかき立ててさえもする。
消費者は常に不要なモノ、無駄なモノを買わされる危険に直面している。しかし、そのような危険に打ち勝たない限り、家事の効率化は望めない。

  ad

 そして、そのような危険に打ち勝てないとき、それは企業に対する消費者の敗北となる。ではいかにそのような危険に打ち勝つべきか。いくつかの簡単なことを心がけるだけでできるのである。その方法の一つはこちら



家事カイゼン計画トップページへ戻る

家事のカイゼンとは、その意義とは
タイム・マネジメント
  • 動線を見直す意義
  • 図面を引く、物を配置する
  • 動きを記す
  • 動きを最小限にする
  •  モノの使い方を変える
    モノを買う
    家事への設備投資


    カイゼンの成果をいかに生かすか 最後に 働く者こそ、家事のカイゼンを
    【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
    業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
    ★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース