原則、資産=将来の費用



  では、家事で用いるモノを最小限に抑えるようにしてきた。しかし、家事の効率化に貢献するモノ(資産)は別問題である。積極的に用いるべきである(但し、次ページで紹介する条件付で)。
 ここで考えるべきことは、資産とは何かである。財産と同義に用いられることも少なくない。しかし、財産には経済的価値をイメージさせる。他方、資産には明確な定義がある。
資産=将来の費用
将来の費用が資産導入にわってもたらされる利益を下回る限り、その資産を用いるべきである(たとえ支出を伴っても)。それが、家事の効率化に貢献するからである。
上回るか下回るか、取り入れるべきか否か、その判断方法は設備投資の原則、厳密な計算で紹介する。

設備投資の原則、厳密な計算


家事カイゼン計画トップページへ戻る

家事のカイゼンとは、その意義とは
タイム・マネジメント
  • 動線を見直す意義
  • 図面を引く、物を配置する
  • 動きを記す
  • 動きを最小限にする
  •  モノの使い方を変える
    モノを買う
    家事への設備投資

    カイゼンの成果をいかに生かすか 最後に 働く者こそ、家事のカイゼンを
    【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
    業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
    ★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース