設備投資の原則、厳密な計算



Suicaは厳密な計算の下、導入が決められた。導入コストが、切符を処理する機械のメンテナンスコストを下回るとの厳密な計算結果に基づいて、導入が決められた。
 家事の効率化に貢献する設備も同じように導入されるべきである。厳密な計算なしに設備投資を行うことは、かえって、不必要な支出を招き、カイゼンに逆行しかねないからである。
 設備投資をすべきか否かの、計算方法は次の通りである。
    設備導入コスト<設備導入によって免れるコスト
という不等式が成立するとき、導入されるべきと判断される。
 そして、
設備導入コスト=設備の価格、寿命、設置費用、使用時に生じるコスト(電気代など)、操作の手間、労力、時間など
設備導入によって免れるコスト=同一作業を行う上で要する労力、時間、同一作業に用いるリソース(電気代など)
 となる。
 なお、コストはすべて金銭に換算することができる。例えば、時間は単位労働時間あたりの賃金に換算することになる。   



家事カイゼン計画トップページへ戻る

家事のカイゼンとは、その意義とは
タイム・マネジメント
  • 動線を見直す意義
  • 図面を引く、物を配置する
  • 動きを記す
  • 動きを最小限にする
  •  モノの使い方を変える
    モノを買う
    家事への設備投資


    カイゼンの成果をいかに生かすか 最後に 働く者こそ、家事のカイゼンを
    【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
    業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
    ★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース