原則、モノを買うべからず



モノが一つあると、そのモノが一定の場所を占める。管理・処分の手間が掛かる。モノの存在について認識するため、認知的資源を費やす。モノ一つあるだけで、様々なコストが発生する。また、モノを買う、となれば、売り場までの移動コストまで、発生する。家事において、モノを買うことは、最小限にとどめるべきである。
すなわち、できる限り、モノを買うべきではない。(もっとも、家事以外の場面では、モノが生活に潤いを与えることも少なくない)。 
では、モノといかに付き合うべきか。
モノの使い方を帰る必要がある。

(次へ)一生、使えるモノを


家事カイゼン計画トップページへ戻る

家事のカイゼンとは、その意義とは
タイム・マネジメント
  • 動線を見直す意義
  • 図面を引く、物を配置する
  • 動きを記す
  • 動きを最小限にする
  •  モノの使い方を変える
    モノを買う
    家事への設備投資


    カイゼンの成果をいかに生かすか 最後に 働く者こそ、家事のカイゼンを
    【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
    業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
    ★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース