一生使えるモノを



モノの使い方は二つある。
一、使い捨て
ニ、一生使い続ける
 前者は短期的にはリーズナブルかもしれない。それ自体は安価だからである。しかし、前者の欠点は何度も買わなければならない点にある。その度に支出等のコストが生じる。長い目で見ると使い捨ては多大なコストを負担することになりやすい。

 ad

他方、後者は一生に二度以上買うことはまずない。メンテナンスの時間等を要することにはなるものの、メンテナンスの対象が同一のため、同じ作業を繰り替えることになる。しだかって、時間を経るとともに作業に慣れ、効率が上がるため、コストは相対的に低下する。また、一生使い続けられるモノが高価なモノとは限らない。
 例えば、100円ショップのプラスチック製品、丁寧に使えば百年は軽く使い続けられる。なのに、モノに備わっている機能を十分に引き出せないまま処分して、新しいモノを買うことが少なくない。モノに備わっている機能を十分に引き出すためにも  こちらを参考してしてほしい。その前に、家事に使うモノの減量をしてほしい。そのための下準備をこちらで説明している



家事カイゼン計画トップページへ戻る

家事のカイゼンとは、その意義とは
タイム・マネジメント
  • 動線を見直す意義
  • 図面を引く、物を配置する
  • 動きを記す
  • 動きを最小限にする
  •  モノの使い方を変える
    モノを買う
    家事への設備投資


    カイゼンの成果をいかに生かすか 最後に 働く者こそ、家事のカイゼンを
    【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
    業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
    ★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース